FX-Katsu 鈴木克佳『ゾーンスキャルFX』もやっぱり誇大広告・・・?

一般社団法人日本投資家育成機構 ゾーンスキャルFX FX-Katsu 鈴木克佳 FX
一般社団法人日本投資家育成機構 ゾーンスキャルFX FX-Katsu 鈴木克佳

管理人コッコです(* ´ ▽`)

コッコ地方もいよいよ春めいてきました。
早く桜が咲かないか今から楽しみです★

さて本日は、
一般社団法人日本投資家育成機構 FX-Katsu 鈴木克佳 ゾーンスキャルFX
という商材の口コミを調べてみました。

他のクロス案件で、たびたびFX-Katsu氏がインタビューをいている様子が
出ていますね。

ちなみに一般社団法人 日本投資家育成機構クロスリテイリング社の系列になります。
・・・もうこの時点で「あ、また稼げない商材登場だ」と思っている自分がいます(笑)

特定商取引法に基づく表記

販売会社  一般社団法人 日本投資家育成機構
運営責任者  鈴木克佳
所在地  東京都墨田区錦糸一丁目2番1号
電話番号  03-5244-5377
メールアドレス  info@zonescal-fx.com
販売URL  https://wkt-fx.s3.amazonaws.com/top/it.html

この住所、クロス社とまんま同じですね。

ゾーンスキャルFXとは

キャッチコピー

勝率91.2%
わずか1ヶ月で782万円の利益実績!
スキャルピングだからこそ短時間で利益に!
1回のトレンドで100万円、200万円は当たり前!?
年収1億円クラスの利益を
次々と生み出す
最高にシンプルな裁量トレード!
エントリーも決済も高性能サインツールが自動でお知らせ!
だからFX初心者でも迷わず利益に!
10万円からでも、いきなり年収3,000万円!?
あなたにも夢のような利益が現実に!(販売ページより)

・・・これぞ「ザ・クロス節」って感じですね。

どんなロジック?

ダウ理論を基にしたトレンドフォロー型。

価格

税込 109,780円

相変わらず、「非現実的」な派手なキャッチコピーが飾っていますね。

本商材のお値段・・・なんと10万円超え・・・!強気な設定・・・!

果たしてどうなんでしょうか??

FX-Katsu(鈴木克佳)氏とは?

一般社団法人 日本投資家育成機構のHPに、鈴木氏のプロフィールがありました。

クロスリテイリング創業者の山口孝志の一番弟子なんですね。(どーでもいい情報)

しっかし、「毎年年利2,000%」ってすごいですよね。(この話が本当ならね。

素朴な疑問なのですが・・・(〇_o)
年利2,000%で利益を出せる人が、どうして一企業にわざわざ
入社する必要があったの??
要は、個人投資家だった人がサラリーマンになる、ってことですよね?
そのまま個人トレーダーとして稼いでいけばいいじゃない、と思うのですが・・・

本商材の開発をおこなったのはFX-Katsuこと鈴木克佳氏は、これまでに

  • 秒速スキャルFX
  • FX-KatsuのFXトレードギア
  • 秒速グランスキャル
  • スキャルピング・マスター・プログラム

などといった商材を手掛けています。秒速スキャルFXあたりは有名ですね。

しかし、どの商材も実際に購入・実践して「稼げた」といった口コミや良い評判は、
検索しても見当たりませんでした

やたらと褒めているサイトは、ほぼアフィリエイト報酬目当てのサイトでした。

実績の真意のほどは・・・?

セールスレター冒頭には、鈴木克佳氏「裁量トレード初心者」の男性
行ったと思われるトレード実績が載っています。

上記の画像は、MT4の取引レポート(取引履歴)を抜き取ったものだと思われますが、

このレポートは、すべてのポジション履歴なのでしょうか?
含み損のままのポジションは全く無いのでしょうか??

セールスレター中、『自信』というワードが32回も出てくるほど、本商材は自信作だと
豪語しています。

たとえ自信作であったとしても、投資には「絶対」なんてことありえません
「勝率91.2%」というのも大袈裟な確率にしか思えません

「稼げる商材」との自信があるのでしたら、情報の大部分を故意に隠す必要ないですよね?
取引をした日時や通貨ペアすら確認ができません・・・

こんなものは『実績』だなんていえないと思います。

「エントリー&決済も全て自動でお知らせ!」って書いてあるけど・・・

セールスレターでは以下のようにいっています。

エントリーも決済も、このツールが自動で教えてくれる、と書かれていますね。

他にも

なぜなら、この高性能サインツールさえあれば、
ロジックを勉強しなくても、ゾーンについて学ばなくても、

ただツールが教えてくれる通りに、トレードをするだけで、
利益にする人もたくさん出てくるからです。

つまり、勉強をしなくても、
まったく努力をしなくても、稼いでしまうということ。

と言っていて、クロスリテイリングについて何も知らない人だったら
「これならすぐに稼げるかも!」
と飛びついてしまうかもしれません。

しかし内容をよく見ると、動画講義やメール講座が盛りだくさん・・・

あれ?サインに従ってエントリーすればいいだけじゃないの?
思ってしまいますが、本商材は実践の前に「勉強」をしなければいけません。

コンテンツや特典をアレコレ付けて「お得感」を出していますが、
(これもクロス流のやり方)ボリュームを出せばいいってもんじゃないです。

情報収集するにあたって、「本商材を購入したが学習しなければ分からなかった」という
声も見かけました。

だったら、「初心者でも簡単に」「自動で教えてくれる」なんて書かずに
もっと分かりやすく学習しないと理解できませんよ」という旨を
全面に出すべきでは?

ゾーンスキャルFXの「ゾーン」って??

本商材はダウ理論をベースに、「直近の高値同士」または
「直近の安値同士」で水平ラインを引いた間を「ゾーン」と呼びます。


・・・「ゾーン」なんて真新しい呼び名ですが、これは一般的な
ライントレードですよね・・・

気になったのは、水平線ラインを引くのは「直近の高値」とその「1つ前の高値」のみ
ということ。

本来のダウ理論とは、高値と安値へラインを引いて高値安値の切り上げ・
高値安値の切り下げを確認していくことで相場の状況を判断していくものです。

ですが、FX-Katsu氏
この考え方ではダウ理論に沿ったトレードを行なうことができない
と指摘しており、
高値の切り上げ・切り下げだけを意識したほうがダウ理論に沿った
トレードを実現できる
と主張しています。

たしかに本商材のやり方は、とてもシンプルに見えます。
しかしそれだけでは、トレンド方向感覚がつかめず、「買い」と「売り」が
「ゾーン」の中で重なった場合、チャンスを逃してしまうように感じます。

・・・もともと使われているダウ理論を否定したりせず、一般的なライントレードを
するほうが、よっぽど優位性があるように思いますね。

そして、全く分からない初心者が本商材を勉強したことにより、
「これがダウ理論なんだ」
と誤った知識を身につけてしまわないか心配になりますね・・・

まとめ

セールスレターの後半に、FX-Katsu氏と山口氏で価格についてのやり取りをしている
様子が書かれています。
これを読んで思わず笑ってしまいましたw
さも「やる気のある人を応援する良い人たち」みたいなやり取りですが・・・w

僕らの投資教育の普及という
夢を叶えることにつながるから。

とか

会員さんのため

なんて本気で思うなら、10万円もの高額設定などにせず無償か二束三文で
売れば良いと思います。

そうしたら文句言う人もいなくなると思うし、「情報商材は詐欺」というイメージを
払拭するチャンスにもなると思いますがね・・・
世に出回っている情報商材は「稼げないもの」や「セールスレターと言ってること
違うじゃん!」というものが多すぎます。

クロスリテイリング社の手掛ける商材は、まさにその典型です。
魅惑的なキャッチコピーにほだされず、冷静に判断して欲しいですね。

というわけで、私はクロスリテイリング社の商材は「見送る。」
この一択です!

本日もありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました