本田浩輝『Go!Go!!スキャルFX』クロスリテイリング株式会社ってどうなの。

Go! Go!! スキャルFX 本田浩輝 クロスリテイリング FX
Go! Go!! スキャルFX 本田浩輝 クロスリテイリング

管理人コッコです(* ´ ▽`)ノノ

今日は、小泉環境相が育休の取得を発表されましたね~。
私は「国会議員=縦社会のジジイの集まり」というイメージが強いので、相当の覚悟を持って取得されたのかな、と、小泉氏の勇気を讃えたい気持ちです。
きっと小泉氏の後に続いて、世の男性も育休を取得して欲しい的なところなんでしょうけど。
これからは「男性が育休取得=当たり前」という時代に変わっていくのかもしれませんが、私の住む地方ではまだまだ「育児=女の仕事」という価値観は変わらないかな、と思いますね・・・。

さて今日は

本田浩輝 Go!Go!!スキャルFX を取り上げたいと思います。

特定商法に基づく表記

販売業者 クロスリテイリング株式会社
運営責任者 松野有希
所在地 〒130-0013東京都墨田区錦糸一丁目1番1号 アルカセントラル12F
電話番号 03-5244-5377
メールアドレス info@new-scal.com

Go!Go!!スキャルFXって?

概要

  • トレードロジックと、オリジナルサインツールのFXと商材
  • 兼業トレーダー本田浩輝氏が作成。
  • 販売元は、毎度おなじみクロスリテイリング株式会社。

価格

税込み54,7870円

本田浩輝氏について

若くして年収4,000万円の世界に到達した新進気鋭の若手トレーダー。
弱冠20歳という、次世代のFX界を背負った若き天才トレーダー。

と、クロスリテイリング株式会社所に紹介されていますが、
肝心の「年収4,000万円」の実績が、Web検索しても出てきませんでした。

ロジック・オリジナルツールについて

ロジック

本商材のロジックは、レンジからのブレイクアウトロジックと
レンジ内の反発を狙う逆張りロジックになります。(推奨時間足は1分足のスキャルピングトレードのよう)

決済は、基本的にはエントリー後3分したら決済するスタイルです。

オリジナルツール

チャート上にRSIの数値と、赤い点線が確認できると思いますが
この赤い点線ビクトリーライトと呼ばれる、オリジナルツールになります。
このオリジナルツールのサインをメインのインジケーターとして、
トレンドの売られ過ぎや買われ過ぎを判断します。

セールスレター

  • 3分先の値動きを完全予測
  • 勝率92%
  • トレードチャンス300回

本商材も、誇大表現のオンパレードです。
ここまで大げさに言えるのも、クロスリテイリング社のお家芸ですよね。

ツールの優位性を証明する実績や、勝率92%を達成している証拠も
セールスレター中には記載されていませんでした。

口コミ

“1日300回もトレードしたら、多分頭がおかしくなります・・・。
(中略)
1日中チャートに張り付いていなければいけません。
しかもこの教材は、サインツールではないので
エントリーするかしないかを裁量判断で行わなければいけません。
初心者じゃなくても、おそらく無理だと思います。”

引用:https://is.gd/pIHQcU

“さらに言えば、『Go!Go!!スキャルFX』は
無裁量ではありませんから
サインの取捨選択(裁量判断)が必要
となります。

本田浩輝氏の実績もなければ
ツールの優位性を証明するデータもない

さらには資金管理の面に疑問が残る

引用:http://fx-kenshow.net/archives/4603

1分足スキャル&3分後決済はノイズを予測する極めて難易度の高い手法

乱高下を繰り返す1分足において、3分後に利益を確実に出すことは、想像以上に困難です。きっかり3分後にスプレッドを上回る利益が乗っているかどうかなど、神のみぞしる…です。(中略)想像している以上にかなり難易度の高い手法という印象です。”

引用:https://fxinspect.com/archives/19820

“勝率92%という謳い文句に誘われて買ってしまいました。
今のところ裁量入れても5割に満たないです。(私の裁量判断が悪いのかもしれません)
正直、お金返してほしいです。”

引用:http://www.info-bonbon.com/investment/sca55hnd.html

まとめ

クロスリテイリング株式会社 Go!Go!!スキャルFX は
以下の理由からオススメできません。

▼理由▼

本田氏が言うところの「年収4,000万」や「勝率92%」の証拠が何も出ていない

3分後に決済するルールだが、裁量でこれを行うにはかなり難しい

「今世紀最大の発見」などと謳われているが、レンジブレイクというありふれた手法

ツールの優位性の証明がない=不透明なので、勝てるかどうかは裁量スキル次第

そして、商材と関係ないけど個人的に気になったのは
年収4,000万も利益を出せているのなら、本田氏はまず乱ぐい歯
直したらどうかな?

本人が乱ぐい歯を気に入っててあえてそのままにしているなら仕方ないけど、
セールスレター中、歯を見られたくないのか口を閉じている写真がいくつもあり
とても気になってしまいました。

ということとで今回もありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました